RC造のデメリット

地盤改良のお金がかかる


住宅を建築するときに木造とコンクリートを使ったものが利用できます。鉄筋コンクリ-トのメリットは地震や火災にかなり強く形状も変更しやすい部分です。長期的に家を使いたいなら木造よりも適しているのが特徴と言えます。
ただしデメリットになる部分もいくつかあるのですが、これは比重が重いため地盤がしっかりしていないとだめです。軟弱な土地を利用するときは改善しないといけないのでコストが結構掛かってしまうのがネックとなっています。緻密な地盤調査と改良をするためコスト面を考慮して資金計画を立てましょう。
基本的に日本は地震地帯に沿う国になっているので地震が多いです。それだけに地盤が緩いと耐久性の高いコンクリート造の家も倒壊する危険性があります。


耐久性を考慮する必要がある


耐久性や遮音性が高い鉄筋コンクリート造の住宅は形を自由に加工できる部分が魅力です。デザインを重視して作れるのですが、そうすると壁の少ない設計になる場合があります。壁が少ないと地震に強い住宅にはならないので注意しておきましょう。あまりにデザイン重視にしてしまうと上記のようなデメリットが発生します。
木造建築の場合は素材が軽いので建物自体の揺れはかなり少ない、近年はダンパーといった制震パーツが使われているので安心です。強度の高い鉄筋コンクリートの住宅も施工者の技術力により大きく左右されます。経験のある方に頼めばしっかりした住宅を建築してくれるので、施工者の選定は慎重に行うようにしましょう。
安定した住宅がほしいときは規格化された大手を利用するのも手です。

分譲住宅とは、建て売りとも呼ばれます。文字の通り宅地に建築された住宅を販売する事で、新築する費用よりお得な面もありますが、手抜きや安物という事もありません。