木造の注文住宅のメリット

住人にもペットにも優しい住宅


木造住宅の購入者が考える一番のメリットは、鉄やコンクリートにはない肌触りです。木の柱や梁を見せる工法だと、木の香りと見た目に癒されます。またシックハウス対策としても効果があります。年月を重ねると、細かい傷や汚れも目立ちますが、それも独特の味わいをもたらします。古民家の再生などでは、敢えて古い柱や梁を再利用することもあります。構造材として使えないものも、他の部位に転用することも可能です。日本には四季があり、雨季には湿気が増えて、冬には乾燥します。木には湿気を吸収・排出する機能があるため、生活しやすい室内環境にしてくれます。最近ではペットを室内で飼うことが多いですが、人間に比べて室内環境に敏感な生き物です。木造住宅は、ペットと一緒に暮らすのにも適した住宅でしょう。


現代の木造住宅は耐震性も向上


日本古来の木造住宅には、構造材の継ぎ目などの加工には、大工の技量が必要でした。現在は工場で事前に加工して現場に搬入するため、現場での作業は少なくなっています。工場加工のため品質も保証済みです。大量生産が可能になったため、他の工法と比べると低価格になりました。設計の自由度も高く、変形地などにも対応可能です。鉄骨住宅の家でも、増築を行う時は殆どが木造で行います。室内のリフォーム工事では、壁の撤去や追加など柔軟に対応できます。阪神・淡路大震災で法改正が行われ、木造住宅の耐震性も上がりました。規定通りに施工を行えば、他の工法にも引けを取らない耐震性を得られます。最近の地震で倒壊した木造住宅の殆どは、施工不良などが原因です。

一戸建ては、賃貸物件と比較して子育てや介護などに対応しやすく、価値のある資産として残せるといったメリットがあります。